素材とレディエッサ|たるみ治療は名医が在中するクリニックに依頼を

たるみ治療は名医が在中するクリニックに依頼を

女性

素材とレディエッサ

目もと

2つの素材

注入系の手術を受けることで目の下のたるみを治療することができます。この手術法は何を素材とするのか、現在非常に研究がなされています。たとえば、ヒアルロン酸などの吸収素材を使う手術や、レディエッサなどの非吸収素材を用いる手術の2種類があります。前者のヒアルロン酸注入は注射をするだけで短時間かつすぐに目の下のたるみを解決することができます。体内に吸収される素材なのであまり長続きしない印象があります。しかしながら、最近は吸収されにくいヒアルロン酸を使うようにしているので、5年程度は持続するようになっています。これに対して、後者のレディエッサなどは体内に吸収されませんが、シリコンのようなものではありません。身体に馴染んでいきますので安心してください。

レディエッサ

レディエッサは体内に吸収さえることなくジェルのように柔らかい状態で身体に馴染んでいきます。最も全く吸収されることはないというわけではありません。多少は吸収されます。ヒアルロン酸と同様の効果を発揮して目の下のたるみが目立たなくなります。持続効果については半永久的ではありませんが、5年程度は持続します。少し効果が薄くなってきたと思ったら、レディエッサを再び受けるか、あるいはヒアルロン酸を追加するという形で注入しましょう。そうなると、目の下のたるみの発生を予防することができます。ちなみに、施術をするときには両方とも麻酔を行います。全身麻酔ではなく局所麻酔です。笑気麻酔をして施術時間中に寝た状態で受けることも可能です。